投稿の仕組み化!!(2)「PressSync pro」のカスタムフィールド入力支援を使い方

こんばんは。ancoです。 いきなりですが、みなさん スマホやタブレットからwordpressへの記事を投稿をとても楽にしてくれる「PressSync pro」というアプリにカスタムフィールド入力支援という機能があるの知っていますか? これです。 IMG_2220 便利な機能で、当サイトMy timeにも導入してみたので、備忘録がてら紹介します!

そもそもカスタムフィールドとは?

記事の投稿画面には、"タイトル"や"本文"、"アイキャッチ"など入力する箇所があると思います。カスタムフィールドは、これに新たなフィールドを追加できる機能です。 詳しくは、こちらをご覧ください。 関連記事のIDを正しく入力してください

「PressSync pro」の カスタムフィールド入力支援の使い方

「PressSync pro」のカスタムフィールド入力支援を設定すると、写真のように投稿時の投稿オプションに、店舗名や住所、電話番号などを入力用フィールドを出現させることができます。 IMG_2236

設定方法

カスタムフィールドの設定は、「設定」→「システム設定」とタップし、スクロールすると下から3つ目にある「カスタムフィールド入力支援管理」から行います。 IMG_2223 「カスタムフィールド入力支援管理」を押すと、カスタムフィールド入力支援一覧が開きますので、右上の「+」を押して追加します。 IMG_2224 名前は、自分の理解できる名前にしてください。私は、「店舗情報」や「商品紹介」などにしています。 名前を設定したら、カスタムフィールドを追加していきます。 IMG_2225 フィールドキーは、wordpressで設定したIDと同じものにしてください。ラベル、入力タイプは、好みのものを選択してください。 私はこんな感じに、ズラリと登録しています。 IMG_2217 そうすることで、投稿時の投稿オプションに、店舗名や住所、電話番号などを入力するフィールドが出現してくれますので、あとは投稿ごとにあった内容を入力するだけです。

カスタムフィールド入力支援を設定するメリット

入力、修正がめちゃくちゃ楽になった

私は、家事や子育ての合間にちょこちょこ記事を書いているので、途中で他のことをせざるを得ないことも多いです。用事を済ませて記事を書き出す際、HTMLの書きかけだと、どこまでやったか忘れて、間違えたりやり直しになったり…。特に、テーブルにボタンも入れててごちゃごちゃだとなおさらでした。 このカスタムフィールドを導入することで、テーブル入力が減り、合間合間の記事作成も迷うことなく入力できます。

入力項目が統一された

入力する項目が初めからあるので、抜け目なく全ての記事に同じ項目を記入させることが出来ます。 グルメ記事などは、最後に店舗情報があるなど形が同じだと、読んでくださる方も見やすくなると思います。 ("入力がなければ非表示"設定もできます。) また、1人でのサイト運営でも便利ですが、複数人でのサイトにも役立つこと間違えなしです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。 参考になると幸いです。